1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホはデュアルSIMで賢く節約が当たり前!
 

格安スマホはデュアルSIMで賢く節約が当たり前!

SIMフリースマホ

SIMの切り替えが必要なくなったデュアルSIMスマホ。もうシングルSIMの格安スマホはやめて新しいスマホで電話もネットも使い放題にしましょう。本当に自由な通信の時代がやってきます。

今年の格安スマホ界はどうやらデュアルSIM元年となりそうです。今までもあったデュアルSIMスマホがもっともっと使いやすくなって登場しています。絶対に買い換えた方がおトクなデュアルSIM格安スマホを紹介しましょう。


デュアルSIMで便利に使えるおすすめ格安スマホ

2つのSIMカードを1つのスマホで使うデュアルSIMスマホ。今までデュアルSIMといってもSIMカードの切り替え設定が必要で結局不便でしたが、今年は切り替え不要のデュアルSIMがどんどん登場しています。

Moto G4 Plus

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)でも発売されたMoto G4 Plusは2枚のSIMカードを同時に通信することができます。

電話の同時発信はもちろんできませんが、片方のSIMカードのインターネットを使いながら、片方のSIMカードでは電話の着信待ちができます

motog4plus_816px
出典:motorola.co.jp

これはデュアルスタンバイという機能で日本人が待ち焦がれていた機能の一つです。今までは1つのSIMカードしか使えないスマホばかりで格安SIMを使うと電話代が高くなるし、キャリアのSIMカードを使うとネット代が高くなり、結局は電話を制限するかネット代を高く支払うかを選択する必要があり、電話もネットも安く使い放題したいという願いは叶えられることはなかったのです。

しかし、Moto G4 Plusはやってくれました。ドコモのSIMカードと格安SIMのSIMカードを同時に使える日本初のデュアルSIM格安スマホとして登場しました。電話もネットも低料金で使い放題にしたいという方は絶対にMoto G4 Plusに買い換えましょう。


公式サイト:BIGLOBE SIM

Zenfone 3 Deluxe

満を持してASUSから販売されたのが、デュアルSIM格安スマホ「Zenfone 3 Deluxe」です。このスマホもデュアルSIMを同時に待ち受けできるのでおすすめの1台です。


出典:Asus

デュアルSIMは電波法違反?

スマホを国内で発売するときに重要となるのが技適マークです。技適マークは技適認証を受けたスマホに与えられるマークです。簡単に言うと日本で使ってもいいよという国が認めた証が技適マークなのです。

同時通信は電波法違反

現在スマホのデュアルSIMでの同時通信は日本では電波法違反と規定されており、技適マークがもらえません。海外では同時通信は当たり前で特段問題はないとされていますが、日本では使ってはいけません。

同時待ち受けはセーフ

しかしデュアルSIMでの同時待ち受けは別です。この場合は待ち受けなので同時に使える状態でもかまわないと解釈され実際にBIGLOBEから発売されています。BIGLOBEからの発売なので技適未認証とは考えられません。

実際にBIGLOBEの公式サイトでは動作確認端末について以下のように記載されていますので、取り扱い端末は技適マークが確認されているということでしょう。

技術基準に適合した(技適マークのついた)端末について動作確認を行っています。技適マークが付いていない端末の利用はできません。

出典:join.biglobe.ne.jp

デュアルSIMスマホの使い方

デュアルSIMで同時待ち受けができる格安スマホを手に入れたら何を契約して使えば良いかを紹介します。

デュアルSIMスマホは電話もネットもたくさん使いたい人向け

使い方の説明の前にデュアルSIMスマホはどんな人に向けて開発されたスマホなのかを知る必要があります。

デュアルSIMスマホは電話をたくさん使いたい、ドコモのカケホーダイを使いたい、でも通信は格安SIMが安いから格安SIMで使いたいという、双方のいいとこ取りがしたいという方に向けた製品です。したがって電話はあまり使わないんですという方はデュアルSIMスマホを手にする意味はあまりありません。普通のスマホで格安SIMを使うのが良いでしょう。

BIGLOBEでスマホセットを契約しよう

BIGLOBEでMoto G4 PlusをSIMカードとセットで購入しましょう。SIMカードの契約はデータ通信SIMで結構です。SMSも音声通話も必要ありません。

データ通信量は後でも変更できるので3GB程度を契約しておきましょう。

ドコモの携帯電話用のSIMを1枚契約しよう

デュアルSIMスマホは2枚のSIMカードを利用するので次はドコモでカケホーダイの契約をしましよう。契約事務手数料3,000円で2,700円のカケホーダイプランを契約します。(auではスマホを電話プランだけで契約することはできません。

このときに電話携帯電話専用の2,200円のカケホーダイプランを契約した場合でもスマホで使うと2,700円のスマホプランと認識されてしまうとドコモ店員さんから話がありました。ですので初めからスマホを持って行き2,700円のカケホーダイのみを契約しましょう。

合わせて使おう

ドコモで契約したSIMカードとBIGLOBEのSIMカードをSIMスロットにセットしBIGLOBE SIMのAPNプロファイルを設定して完了です。これでインターネットが使えることの確認と電話が使えることの確認をしましょう。

格安スマホはデュアルSIMで賢く節約が当たり前!まとめ

格安スマホはデュアルSIMで賢く節約が当たり前!をまとめました。

格安スマホはデュアルSIMで賢く節約が当たり前!まとめ

ドコモの電波と格安SIMの電波を同時に使えるデュアルSIMスマホを利用することで月額3,600円程度(BIGLOBE SIM3GBギガプラン900円+ドコモカケホーダイ2,700円)で電話かけ放題とインターネットを使うことができます。何年たっても3,600円(税込3,888円)程度で使えます。仮にドコモ、au、ソフトバンクの類似プランを使い続けるより毎月3,000円ほど節約できたとして、1年間で36,000円(税込38,880円)、5年で180,000円(税込194,440円)の節約になります。

使い放題×節約をみなさんも体験しませんか?下記から購入してください。

公式サイト:BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMでは「Moto G4 Plus」の販売を終了し、現在は「Moto G5 Plus」を取り扱っています。