1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Dual SIMケースを使ってiPhoneで格安カケホーダイ
 

Dual SIMケースを使ってiPhoneで格安カケホーダイ

スクリーンショット 2016-03-30 20.08.32
スマホ

Dual SIMケースを使ったら本当に2枚のSIMカードを使い分けることができるようになるのか?興味のある人は多くいます。その方たちのために今回はDual SIMケース「IP5DUCAS」をテストしてみました。

iPhoneに使えるDual SIM(デュアルシム)ケースが人気です。このケースを使うと簡単に2枚のSIMカードを簡単に使い分けることができます。しかもこのDual SIMケースはドコモのiPhoneでもauのiPhoneでも、ソフトバンクのiPhoneでも使えるんです。

Dual SIMケースを買ってみました。

Dual SIMケースを買ってみました。iPhoneをこのケースで2つのSIMが使えるスマホに変身させてみます。Dual SIMにしたら今までの月額料金が半分に減るのに電話はカケ放題ができてしまうんです。

iPhoneをDual SIMにするケース「IP5DUCAS」

iPhoneをDual SIMで使えるようにするケースがAMAZONにあります。

IP5DUCAS IP5DUCAS2

このケースは有名で某ガジェット系のブログでもさんざんレビューされてきました。ですが、どんな使い心地なのか?auでも使えるのか?便利なのか?興味は尽きず、その答えも見つからずだったので実際購入してテストをしました。

このケース自体は5千円程度で手に入ります。レビューではあまり評価が良くなかったりでも問題ないというレビューもあります。

iPhone SEにも使えるかもしれない

今回なんでiPhone5/5sを選んだかというとiPhone SE にも使えると思ったからです。

iPhone SEは手に入れたいなと思っているので、同じサイズで使え、SIMスロットのサイズも同じだと思いこのケースを選択しました。同じようにiPhone6/6s用もAMAZONに売っています。

Dual SIMのメリット

レビューの前にDual SIMのメリットを少しだけお話ししましょう。

Dual SIMは2枚のSIMカードを一つのスマホで差し替える手間をなくしたまま使い分け、2つのSIMプランのいいとこ取りができる方法です。

代表的な使い方はドコモのカケホーダイと格安SIMのデータ通信プランを使い分け、月額料金(ドコモカケホーダイ2,700円+格安SIMデータ通信1,000円程度)を4,000円ほどで使って電話カケホーダイなのにデータ通信費は安く押さえられるようにすることができます。

このDual SIMはいろんな人がテストしていますが、どれだけの人が実際に運用できているかはわかりません。

Dual SIMケース「IP5DUCAS」レビュー

Dual SIMケース「IP5DUCAS」のレビューをしたいと思います。

Dual SIMケース外観

Dual SIMケース「IP5DUCAS」の外観はこんな感じです。

IP5DUCAS3 IP5DUCAS4 IP5DUCAS5

黒いラバーがあまりカッコ良くはないですね。できればiPhoneの色に合わせたラインナップが欲しいところです。

Dual SIMテスト

では実際のDual SIMテストです。

Dual SIMケースに2枚のSIMを装着します。

SIMの切り替え自体は裏のスイッチで行います。ですが、説明書には「SIMの切り替えの度に再起動をしてください。」とあります。SIMをサッと切り替えて電話したりデータ通信をしたいのですが、いちいち再起動をするとなると30秒から1分近くロスタイムが発生します。

auのiPhone5sでauのSIMカードとmineo(マイネオ)AプランのSIMカードでテストをしましたが、SIMカードの認識は何一つ問題なくできます。SIMカードを切り替えmineoのSIMカードに切り替えても問題ありません。ただし、iPhoneはAPNプロファイルが常に一つしかインストールできません。さらにauのデータ通信の場合は格安SIMのAPNプロファイルがインストールされていたりすると通信ができなくなります。

プロファイルを入れたり消したりして電話、データ通信が問題なくできることを確認しました。

次にドコモのiPhone5sでもテストしました。これも挙動は全く問題なくドコモのSIMカードとIIJmio(みおふぉん)のSIMカードで使うことができました。

Dual SIMの切り替え裏技

ここで、もっと簡単にSIMカードを切り替える方法はないのか?と考えました。

疑問なのはiPhoneをなぜ再起動しなければSIMカードを認識しないのか?ということです。iPhoneは電源を入れたままSIMカードを抜いて、SIMカードを入れ直してもSIMカードを認識をします。SIMカードの抜き差しでは再起動は必要ありません。ということはiPhoneのSIMスロットの中に物理的にカードがあるのかないのかを識別するシステムがあるのだとわかりました。

そこで物理的に認識させる方法を考えました。。強引な方法にはなるのですが、Dual SIMケースのSIMスイッチを切り替え、少しだけケースを抜きすぐに差し込むことで再起動せずにSIMを認識するようになりました。

この方法だと黒のラバーなんかは装着できませんので他にケースかカバーを自作する必要があるのですが、一番早いSIMの切り替えができます。

さらにiPhoneは格安SIMのプロファイルがあるとキャリアの通信はできなくなります。ということはドコモカケホーダイのSIMにSPモード(メールアドレスが手にはいる)をつけても一切通信はしないのでパケット代は発生しません。これを逆手に取ればカケホーダイと格安SIMでベストな格安カケホーダイiPhoneができるのです。

Dual SIMケースを使ってiPhoneで格安カケホーダイまとめ

Dual SIMケースを使ってiPhoneで格安カケホーダイをまとめました。

Dual SIMケースを使ってiPhoneで格安カケホーダイまとめ

Dual SIMについてはまだまだマニアックな方しか使っていませんがこれが一般化して実用的になると多くの人が経済的な通信環境を手に入れることができます。電話カケホーダイも使えでデータ通信は格安にすることができます。カケホーダイをメインにしてデータ通信はほんの気持ちだけ程度にすると毎月3,000円程度で使えるようになります。興味のある方はぜひ試してみてください。