1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. DTI SIMで通話をお得に使う方法は?LINEとかけ放題を使い分け
 

DTI SIMで通話をお得に使う方法は?LINEとかけ放題を使い分け

pixta_14702212_M
SIM

激安で有名なMVNO「DTI SIM」は、通話機能の使える音声プランも月額料金が安くお得!「でんわかけ放題」のオプションも利用できるので、もし電話回数が多くて格安SIMへの乗り換えを躊躇している方も安心です。…でも「LINEの無料通話」との使いわけで、実はもっと安く使える方法があるんです。

激安で有名なMVNO「DTI SIM」は、通話機能の使える音声プランも月額料金が安くお得です。でんわかけ放題のオプションも利用できるので、もし電話回数が多くて格安SIMへの乗り換えを躊躇している方も安心。

こちらの記事では音声プランの月額料金と通話料金、おすすめの運用方法について解説しています。

DTI SIMの通話料金

DTI SIMでは「音声プラン」を選べば、電話機能を利用することができます。通常の通話料金は21.6円/30秒となっており、こちらは他社MVNOの格安SIMと同じ料金設定です。

DTI SIMの音声プラン

では音声プランの月額料金を確認してみましょう。データ通信SIMに+756円で利用可能で、元々のデータ専用プランの月額料金が安いので、必然的に音声プランもMVNOではお得な価格設定となっています。

DTI SIM
データプラン
データSMSプラン
音声プラン
音声プラン+でんわかけ放題
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
1GB648円810円1,296円2,138円1GB/月下り225Mbps
上り50Mbps
1枚
3GB907円1,069円1,609円2,451円3GB/月下り225Mbps
上り50Mbps
1枚
5GB1,317円1,479円2,073円2,916円5GB/月下り225Mbps
上り50Mbps
1枚
10GB2,268円 2,430円3,024円3,866円10GB/月 下り225Mbps
上り50Mbps
1枚
15GB3,888円 4,050円4,644円5,454円 15GB/月 下り225Mbps
上り50Mbps
1枚
20GB5,238円5,508円5,994円6,836円 20GB/月 下り225Mbps
上り50Mbps
1枚
ネット使い放題2,376円2,538円3,132円3,974円上限なし下り225Mbps
上り50Mbps
1枚

「音声プラン+でんわかけ放題」という項目に注目。実はDTI SIMではかけ放題オプションも利用できるようになっているのです。

かけ放題も使える

DTIの音声SIMプランユーザーは、オプションで「でんわかけ放題」が使えるようになっています。税込842円で5分以内の通話なら回数無制限で定額電話が可能なので、約19分30秒以上電話をかけるなら、こちらのオプションを利用したほうがお得な計算となります。

専用アプリも不要なので、簡単に使えるのもポイントです。

公式サイト:DTI SIM

でんわかけ放題、LINE通話を使い分けよう

DTI SIMはかけ放題が使えるので通話料金も安い格安SIMなのですが、1回あたり5分以内という制限はあります。この5分を超えると21.6円/30秒の通常電話料金がかかってしまうので、特に長電話をする方は注意が必要です。

では1回5分以上の通話もかけたい場合はどうしたらよいのかというと「LINE無料通話」を使う方法があります。

LINEの無料通話

メッセージアプリとして人気のLINE(ライン)ですが、実はデータ通信回線を利用してSkypeのように無料の音声通話やビデオ通話ができるようになっています。…なので相手がLINEユーザーであれば、でんわかけ放題を利用するよりラインで通話したほうがお得なケースがほとんど。

…ただしインターネット回線を利用するので、使えば使うほど高速データ通信容量を消費していきます。これらの対策に有効なのが「ネット使い放題プランを利用」する方法です。

ネット使い放題プラン

DTI SIMではネットの使い放題プラン、文字通り月間の高速通信容量の制限がないプランを提供しています。音声プラン利用時の月額料金は3,132円とお得なので、LINEで無料通話をしつつ高速通信も気兼ねなく使えるおすすめプランです。

結局どのプランを使えば通話が安い?

LINEの無料通話自体はそこまでデータ通信量を必要としないので、よほど長く回数も多くかけない限り、実はネット使い放題プランを選ぶ必要もありません。

…例えばLINEの音声通話だと、1時間かけても20MB程度の通信容量で利用できます(もちろん前後はしますが)。そうなると1GBの高速データ容量で約50時間も無料通話をかけれることになります。さすがにこれだけ通話をする方はほとんどいないでしょう。

したがって電話相手がLINEを使える状況にあって、自分も動画などデータ通信容量が多く必要なサービスをほとんど使わない場合、LINEの無料通話をメインにして、プランも1GB~3GBの小容量を選んだほうが結果的に月額料金はお得になります。

…逆に動画視聴などもする方は、ネット使い放題プランにしてLINEの無料通話も容量を気にせず快適に使うという方法もあります。

相手がLINEを利用していない場合、もしくは自分が通常の携帯電話番号や固定電話番号にも定額で電話したい場合には「でんわかけ放題」のオプションをつけてしまうほうが安く済むケースが多いです。…このように状況によって使い分けると、最終的に最も安く運用できるようになるはずです。

  • 相手もLINE利用+自分はあまりネットを使わない → LINEの無料通話+1GB~3GBプランで安くおさめる
  • 相手もLINE利用+自分は動画なども観る → LINEの無料通話+ネットつかい放題プランで快適に使う
  • 頻繁に電話をしたい相手がLINEを使っていない → でんわかけ放題オプションを利用して安く電話する
  • 頻繁にかける通話相手が通常の携帯電話番号や固定電話番号であることがほとんど → でんわかけ放題オプションを利用して安く電話する

公式サイト:DTI SIM

DTI SIMの通話料金をお得に使う方法・まとめ

DTI SIMではでんわかけ放題をオプションとして使えますが、状況によってはこちらを使わずにLINEの無料通話で済ませてしまったほうが安く済むケースも多いです。利用状況に応じて使い分けが重要ですね。

公式サイト:DTI SIM

今回紹介したDTIの格安SIM以外にもお得なMVNOは沢山あります。おすすめのプランは下記の「SIMチェンジプラン診断」からまとめて比較してみましょう!