1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ドコモの初心者向け「らくらくスマホ」は格安SIMで使える?
 

ドコモの初心者向け「らくらくスマホ」は格安SIMで使える?

ドコモのらくらくスマホは格安SIMで使える?
スマホ

docomoで使っている「らくらくスマートフォン」をそのまま使いたい!でも、月額料金は安くしたい!そんな声が多かったので、初心者向けスマホの「らくスマ」を、格安SIMでそのまま使えるのか調べてみました。簡単スマホのまま、MVNOに乗り換えましょう!

docomoで使っている「らくらくスマートフォン」をそのまま使いたい!でも、月額料金は安くしたい!そんな声が多かったので、初心者向け簡単スマホの「らくらくスマホ」を、格安SIMでそのまま使えるのか調べてみました。

ドコモのらくらくスマホは格安SIMで使える?

ドコモの旧らくらくスマホ「F-12D」

では、比較的使っているユーザーが多い「F-12D」はMVNOで使えるかどうか見てみましょう。

F-12Dは使っている人が多い機種

こちらの機種は富士通製のらくスマで、発売開始が2012年8月1日です。執筆現在が2015年6月17日なので、発売されてから3年経たないくらいですね。

なのでこちらは、まだ使っているユーザーが多い機種です。2年が経過していて月々サポートも終了しているはずなので、プランの変更や新機種購入を検討している方が多いはずです。

ただ、使い慣れた初めてのスマートフォンを機種変更するにも不安がありますし、かといって新機種を購入して月額料金があがるのも好ましくありません。

なので今回は、ドコモから乗り換えてMVNOで運用することが出来るのか?また、変更してどのくらい安くなるのか調べてみました。 F-12D ドコモのらくらくスマホ 出典:製品サポート情報

 

docomo系の格安SIMなら使える!

結論から申し上げると、格安SIMでもらくらくスマホの「F-12D」は使えます!ここからはMVNOで使える根拠を並べていきます。

まずは人気MVNOのIIJmio(みおふぉん) 。こちらの「動作確認済み端末一覧」を確認したところ、すでに同機種は使えることが実証されています。 iijmioの動作確認済み一覧 出典:IIJmio 動作確認済み一覧

また、このF-12Dが使える主要MVNOをリストにしておきましたので、ご覧ください。(2015月6月17日時点の情報です。)

  • IIJmio
  • U-mobile
  • OCNモバイルONE
  • b-mobile…など多数

「F-12D×格安SIM」ポイント

  • 発売してから3年経たないくらいの機種
  • 未だに利用者が多い初心者向けスマホ
  • 月々サポートが終了した・機種変更もプラン変更も高い
  • MVNOで安く使える!使える会社も多く選べる

初心者向け簡単スマホの新機種は使える?

比較的新しいdocomoのらくらくスマホも、格安SIMで使えるのでしょうか?「F-06F」と「F-09E」も利用可能か確認してみます。

F-06F らくスマ3

こちらは2014年7月26日に発売された比較的新しいドコモのスマートフォンです。Google Playからアプリはインストールできませんが、LINEなど特定のアプリに関しては利用可能です。初めてのスマホとして、こちらに機種変更した方も多いのではないでしょうか?

こちらもMVNOで利用可能です。利用出来る会社は、同じくリストにまとめておきました。

  • b−mobile
  • NifMo…など

らくスマ3 出典:F-06F

F-09E プレミアム

次はGoogle Playストアでアプリが通常ダウンロード出来る「F-09E」です。こちらの発売は2013年10月4日なので、販売開始から約1年半以上経っている機種です。

こちらもMVNOで使えます!F-06Fに比べて、楽天モバイルなど 動作確認済の大手MVNOが多いのも特徴ですね。こちらも表を下に作っておきました。

  • b−mobile
  • NifMo
  • 楽天モバイル
  • BIGLOBE…など

F-09Eプレミアムも格安SIMで使える 出典:NTT docomo

「ドコモの新らくスマ×格安SIM」のポイント

  • 「F-06F」と「F-09E」は利用出来る
  • MVNOはdocomo系のみ

docomoからMVNOに乗り換えよう!

次は「格安SIMに乗り換えたら、どれくらい月額料金は安くなるの?」という、そもそもの疑問に答えていきましょう。また「簡単にMNPが出来るのか」についても、解説します。

月額料金は約3,500円安くなる

では、乗り換えでどのくらい月額料金が安くなるのでしょうか?まずは各機種の基本プランを、簡単に表にまとめてみました。

機種
F-12D
F-06F
F-09E
合計3,882円5,000円6,500円
通話プラン743円
タイプシンプルV
2,700円
カケホーダイ
2,700円
カケホーダイ
接続サービス300円300円300円
ネット定額2,839円
らくらくパケホ
2,000円
らくらくパック
3,500円
データSパック

これに対して、格安SIMの料金も見てみましょう。今回紹介した全ての簡単スマホが使える、「b-mobile」のプランを例に挙げてみます。b-mobile(ビーモバイル)の通話対応SIMは「月額1,290円~」で利用可能です。これを比較していくと、下の計算のようになります。

  • 5,127円 3機種の月額平均(3882+5000+6500)÷3
  • 1,290円 b-mobileに乗り換えた場合の料金
  • 5,127−1,290 = 3,837円

つまり、格安SIMに乗り換えれば約3,500円以上も安く使える計算になります!毎月3,500円だと、年間42,000円。2年で84,000円もお得になるので、生活費をかなり節約出来ることが分かりますね。

MNPって簡単なの?

今使っている通信会社から、「他社に番号そのまま乗り換える」ことを「MNP(モバイルナンバーポータビリティ)」と言いますが、この乗り換え手続きも簡単に出来るんです。

docomoであれば幾つか方法がありますが、まずは番号そのまま乗り換えるために「MNP予約番号」を取得する必要があります。方法としては、

  • docomoショップに行く
  • 契約中の携帯電話から「151」に電話する
  • 「my docomo」のページで、パソコンから取得する

上記3つの方法がありますので、とるのは簡単です。電話口で解約金うんぬんの話は、詳しく説明があるはずなので安心しましょう。

乗り換える際の注意事項や手順に関しては、当サイトでもすでに紹介しているので、確認しておきましょう。docomoから格安SIMに乗り換えるときの5つのステップ

格安SIMに乗り換える際のポイント

  • 月額料金は、約3,500円以上安くなる
  • 初めてでも、MNP手続きは難しくない

らくらくスマホは格安SIMで使えた!まとめ

今回の検証の結果、ドコモの簡単スマホはMVNOでも十分使えることが判明しました!乗り換えで約3,500円も月額料金が安くなることを考えると、乗り換えをためらっているのは、もったいないです。

ところで、肝心なのは「どのプランに乗り換えるか」です。当サイトでは「SIMチェンジプラン診断」を提供していて、簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適なプランを無料で導き出してくれます。下記から診断して、あなたにぴったりのプランを見つけましょう↓↓