1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 時計やデジカメも?SIM入れて使えるSIMフリーデジモノ特集
 

時計やデジカメも?SIM入れて使えるSIMフリーデジモノ特集

デジモノ
SIMフリー

ウェアラブル・ウォッチやデジカメなどSIMフリーのデジモノがどんどん開発されています。まだまだ通信機器は進化していきそうです。そんなSIMフリーデジモノを紹介します。

今回はSIMフリーだけれど、スマホやタブレットだけではない、特殊なデジモノを紹介します。みんなが羨ましがるような物もあるかもしれませんよ。

name

通信業界の進化

通信業界は日々発達してきました。現在のスマートフォンの形になるまでたくさんの試行錯誤がありました。その足跡を少し見てみたいと思います。

携帯電話

今現在私達はたくさんの物で通信を行っています。

パソコン、スマホ、タブレット、電話、多々ありますね。でも昔はどうだったでしょう。20年近く前にはポケベルが流行りました。
そしてそのあとに携帯電話が登場しました。
この頃の携帯電話はまだ、大きくてゴツいという外観でした。メール機能などなく、正に電話でした。
その少しあとからauの前身である京セラやソフトバンクの前身デジタルツーカーが携帯電話事業に参入して、ドコモと3社で競争が始まりました。

それから日々競争の中で携帯電話が進化し、ショートメッセージ機能が搭載され、1件10円でメッセージが送信できるようになりました。その後Eメールが使えるようになり、そして携帯用webサイトも作られるようになって携帯でインターネットをする人も増えました。

それからしばらくしてwindowsモバイルというスマホの前身の機種が現れるようになり、その後にiPhoneなどが市場に出回るようになりました。

ウェアラブル

こうやって進化をしてきた携帯電話業界ですが、今後はどのような進化をするのでしょうか?

今まではドコモ、au、ソフトバンクの3つの会社が通信業界をリードして常に新しいプラン新しい機種を作り発表してきました。

しかし、現在流れは少しづつ変わろうとしています。
いまでは、格安SIMをサービスするMVNOが林立し始め、各メーカーにとってドコモやau、ソフトバンクに依存せずに独自に機種を販売する環境が整いつつあります。現在でも格安SIMについで格安スマホと呼ばれるものが多く出回ってきました。

そして今ではスマホだけで物事を展開するのではなく、スマホに付随、あるいわスマホの代わりともいえるウェアラブルという端末が作られるようになりました。
ウェフラブルは身につけているだけで健康状態を管理したり、また、スマホに来た通知を手軽に見たりと今までのスマホの用途を超えた利用価値を提供しようとしています。

Apple Watch

そして2015年春にはApple社からApple Watchなる物が販売されようとしています。

Apple WatchはiPhoneのサポート端末となり、またある時はiPhoneの代わりまでしてしまうよう腕時計型端末です。 スクリーンショット 2015-01-29 15.47.19

Appleから引用

このようなウェアラブル端末は今後もたくさん開発され、皆さんの目に触れる機会もどんどん増える事でしょう。

SIMカードが使えるSIMフリーデジモノ

またウェアラブルだけではなく多方面にスマホの技術は広がっています。

SIMフリー腕時計型端末

アレスというメーカーではSIMフリーの腕時計型のAndroid端末「ARES EC309」を発売しており、腕時計でメッセージの送受信ができたり音声での通信も可能なようです。 昔のウルトラ警備隊が使っていたような腕時計型電話を思い出させますね。 スクリーンショット 2015-01-29 15.50.09 http://www.aresinc.co.jp/より引用

また、Samsung Gear Sと呼ばれる腕時計型の端末もあります。どんどん小型化し、持って出かける携帯から身につけるアクセサリへと進化していますね。

SIMフリーデジカメ

こちらは、SIMカードを使って通信が可能なデジタルカメラです。

パナソニックからLUMIX CM1というAndroid搭載のデジタルカメラが開発され、発売間近と噂されています。このLUMIX CM1はデジタルカメラとしての機能はもちろんですが、SIMカードを使ってLTE通信や3G通信ができます。

さすがにデジカメで電話はできませんが、撮った写真を友人と共有が可能になっているようです。すでにb-mobileなどの通信設定が組み込まれているようです。 スクリーンショット 2015-01-29 15.53.01http://panasonic.jp/dc/cm1/より引用

特殊なスマホ

現在Googleではスマホを自分の好きな色、機能を自由に搭載できるAraというスマホを開発しています。

様々なメーカーが開発するスマートフォンのパーツを好きなように組み合わせて世界に立った1つの自分専用のスマホが作れるプロジェクトなのだそうです。
パソコンに詳しい人だと一度は考えた事があるかもしれません、「スマホは自作できないのかな?」という夢をかなえてくれるようです。

windowsとandoroidが使える?

まだ、国内では使う事はできませんが、中国では「X98 Air 3G Dual Boot」というタブレットが発売されています。

これはAndroid OSとwindows OS両方使えるタブレットなのだそうです。

windowsはみなさんはパソコンで使い慣れていますね。でもスマホやタブレットで有名なのはAndroidやiPhone、iPad・・・Androidタブレットを使っても良いけど、もし使いづらかったらどうしよう。windowsの方が慣れてるから・・・とか、もう考える必要がなくなります。両方が搭載されているのですから。

このタブレットはSIMフリーですが、まだ、日本の通信技術許可がおりていませんので、手に入れてもWi-Fiでしかまだ使えません。しかしそのうち格安SIMで使えるデュアルOSタブレット も登場するでしょう。 スクリーンショット 2015-01-29 16.01.42 http://ja.aliexpress.com/より引用

まだまだ通信機器は進化していきそうです。

時計やデジカメも?SIM入れて使えるSIMフリーデジモノ特集まとめ

まだまだ発展しそうなSIMフリー機器を特集しました。今後もこういったガジェットは要チェックですね。また、これらの機器はSIMフリーであるためより良く使うためにはSIMカードが必要になります。
そこで登場するのが格安SIMカードですね。下記の診断から自分にあった格安SIMをチェックしておきましょう。