1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMでデータ通信を使いたいならDMM mobile
 

格安SIMでデータ通信を使いたいならDMM mobile

woman
SIM

とにかく大容量データ通信を高速で使いたい!そう考えるなら格安SIMのDMM mobileがピッタリです。DMM mobileはなんと最大20GBまでのプランが用意されていてさらにそれを3枚のSIMカードで分け合うことも可能!便利なDMM mobileを使いましょう。

格安SIMを使ってデータ通信だけが使いたい場合はDMM mobileが一番です。なんといってもプランの豊富さが素晴らしい。ガンガン通信を使いたい場合はDMM mobileを利用しましょう。

データ通信だけの格安SIMを使いたいならDMM mobileを使おう

データ通信だけを格安SIMで利用したい場合DMM mobile(DMMモバイル)ならとっても便利に使えます。

データプランだけを使いたいなら安く使える

DMM mobileの場合なんと20GBまでプランがあります。だれがそんなに使うんだ?なんて思ってしまうかもしれませんが、結構身近に利用しているいる人もいます。

筆者も20GBプランを見たときにこんなプランは利用者いないでしょと思っていましたが、実は自宅のインターネット回線をDMM mobileに乗り換えることまで視野に入れているプランなのだと気付きました。

だいたいの方は昼間勤めに出て夜に家に帰ってきます。昼間にだれもインターネットを使わないのにその分も料金が発生しているのが固定インターネット回線なんです。自宅でインターネットを使うのは主に夜の数時間程度です。その利用頻度で月に3,000円から高くて7,000円も必要です。出掛けている間はスマホしか使いません。スマホでも5,000円以上必要になっているわけですから二重に料金を支払っているようなものです。その2重の料金をDMM mobileに統一してしまえば月に5,000円〜6,000円で済むのです。

20GBプランだとデータ追加チャージもほとんどいらない

通信を本当にたくさん使う人は大容量プランのある格安SIMにした方が本当にいいです。格安SIMの追加チャージ料金は割高になっていて安くても100MB/150円。高いと300円の場合もあります。

1,000MB使いたいと思ったら1,500円、3GB使いたいと思ったら4,500円必要になります。もともとのプランで通信を多く使えるようにしておく方が絶対に安くなります。ですからDmm mobileの20GBプランは利用者に優しいプランとなっているということなのです。

高速通信と低速通信を使い分けて使える

DMM mobileでは通信速度切り替え機能を取り入れています。

通常は高速通信最大300Mbpsで通信していますが、通信速度を切り替えると低速通信最大200Kbpsになります。しかも低速通信時はデータ通信容量を消費しません。パソコンでデータ通信を使う場合に低速だと全体のデータ量が多いのでイライラしてしまいますが、スマホだと実用レベルの通信速度です。データ通信量を消費しない通信ができることもDMM mobileの注目するべきサービスの一つです。

一定期間大量通信の制限がない

データ通信を使う場合に気になるのが一定期間の大量通信です。キャリアの場合でも格安SIMの場合でも大量通信を制限する条約があります。例えば3日間に高速通信3GB以上使った場合は通信速度を低下させるといった内容です。

DMM mobileには大量通信への制限がありません。大容量のプランを選べてもツア新制限があったのでは本末転倒で、結局大容量プランを使い切ることなく次の月を迎えてしまったりするのです。通信制限がないDMM mobileでは20GB全てを使い切ることも可能なのです。

公式サイト:DMM mobile

データ通信SIMはモバイルルーターで大活躍

データ通信SIMの醍醐味はモバイルルーターでの利用が一番です。

DMM mobileをモバイルルーターで使ったら?

DMM mobileのデータ通信をモバイルルーターで使うと特に便利です。スマホだけでインターネットをする人はスマホだけで十分なのですが、パソコン、ゲーム機などでもデータ通信を利用する場合はモバイルルーターの方が電話がかかってきた場合やスマホを持って出かけなければならない場合に通信を分ける必要が出てきます。通信が出来る範囲内であれば問題ありませんが、遠く離れてしまう場合は電話かデータ通信か2者択一を迫られることがあります。

そういった点ではモバイルルーターの利用をするといいでしよう。

シェアプランの利用

DMM mobileにはシェアプランがあります。一つのデータ通信プランをSIMカード最大3枚で利用することができます。

スマホに電話機能付きSIMカードを1枚使って、モバイルルーターにデータ通信用SIMカードを使うとスマホでもモバイルルータでも同時に通信を利用することができます。パソコンで何かデータをダウンロードしている間に出かけることもできます。でも料金は大きく変わることはないのでインターネット回線+スマホ回線のように二重料金にはなりません。本当に便利です。

公式サイト:DMM mobile

格安SIMでデータ通信を使いたいならDMM mobileまとめ

格安SIMでデータ通信を使いたいならDMM mobileをまとめました。

格安SIMでデータ通信を使いたいならDMM mobileまとめ

データ通信を主に使いたい場合はDMM mobileを選びましょう。自宅の通信もスマホの通信も一つにまとめて安くすることができます。大容量プランのあるDMM mobileはたくさんインターネット通信をするみなさんの味方です。

公式サイト:DMM mobile