1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. au、ドコモ、ソフトバンク。キャリアのスマホで格安SIMを使う方法
 

au、ドコモ、ソフトバンク。キャリアのスマホで格安SIMを使う方法

0317
スマホ

格安SIM、使えば毎月の携帯電話料金が安くなるらしいということはわかっても、今自分が使っているスマホにそのまま使えるのかどうか、イマイチわからない人も多いはず。そこで今回は「携帯電話会社から購入したキャリアのスマホで格安SIMを使う方法」を詳しくご紹介します。

最近はテレビや雑誌等でよく「格安SIM」「MVNO」といったキーワードを耳にする機会が増えてきました。ところでこの格安SIM、使えば毎月の携帯電話料金が安くなるらしいということはわかっても、今自分が使っているスマホにそのまま使えるのかどうか、イマイチわからない人も多いはず。

0317

そこで今回は「携帯電話会社から購入したキャリアのスマホで格安SIMを使う方法」を詳しくご紹介します。(なお、本稿の内容は2015年3月時点の状況を元に書かれたものです)

キャリアのスマホで格安SIMを使うには

まず最初に大事な前提からお話しします。

MVNOは大きく分けて「ドコモ系」のもの、「au系」のもの、という2つに分かれます。

そもそもMVNOとはドコモやauといった「自前で回線を持つ業者」から回線を借りてそれぞれの利用者に提供しています。つまりMVNOを運営しているブランドや会社が違えども、元を辿れば必ずドコモかauになるわけです。

2015年3月現在、ソフトバンクのMVNOはありません。auのMVNOは「mineo(マイネオ) 」と「UQ mobile(UQモバイル) 」の2つだけです。そしてこの2つ以外のMVNOは全てドコモのMVNOです。

今使っているスマホがドコモで販売されたものであればドコモ系のMVNOの格安SIMを「そのまま」使うことが出来ます。auで販売されたものであればau系のMVNOの格安SIMを「そのまま」使うことが出来ます。
ソフトバンクで販売されたものの場合、そのままの状態でMVNOの格安SIMを使うことは出来ません(これについては後述)。

よく聞く「SIMロック解除」の必要は?

「MVNO」や「格安SIM」でネットを検索すると、「SIMロック解除」という言葉を見かけることがよくあると思います。

実は携帯電話会社で販売されたスマホは、原則として全て「SIMロック」というものがかけられています。

これは「自分の会社のSIM以外は読み込めないようにする」という制限のことです。このロックがあるため、例えばドコモのSIMをソフトバンクのスマホに挿しても使えないわけです。そして「SIMロック解除」というのは、スマホ側に掛けられたロックを何らかの手段で解除する行為のことです。通常は携帯電話会社のショップに持ち込み、手数料を払って解除してもらいます。

ではMVNOのSIMを使う時にもこのSIMロック解除が必要か?というと、
SIMロック解除の必要はありません。

前述のように、MVNOは必ず「ドコモ系」か「au系」に分かれます。ドコモ系のMVNOであればドコモから借りた回線を使いますから、スマホ側のSIMロックは解除しなくてもそのまま使えるということになります。auの場合も同様です。

少し話しが違うのはソフトバンクです。

2015年3月現在ソフトバンクのMVNOはありません。もしもソフトバンクで販売されたスマホでMVNOの格安SIMを使いたい、と思った場合、2つの条件を満たす必要があります。

1つめは使っているスマホのSIMロックを解除するということ。しかしソフトバンクが販売したスマホのうち、ソフトバンク側でSIMロック解除に応じているのは「301F、201HW、009Z、008Z」の4機種だけです。この4機種以外を使っている場合、SIMロック解除が出来ないためMVNOの格安SIMを使うことは出来ません。

1つめの条件をクリアした上で、2つめの条件は「MVNOはドコモ系に限る」ということです。ドコモとソフトバンクは同じ通信方式を採用していますが、auだけは通信方式が違うからです。

まとめますと「ドコモで販売したスマホならドコモ系MVNOの格安SIMがそのまま使え、auで販売したスマホならau系MVNOの格安SIMがそのまま使える」、「ソフトバンクで販売したスマホで格安SIMを使うのは非常に厳しい」ということになります。

SIMを入れれば本当にそのまま使えるの?

「ドコモならドコモ系MVNO」「auならau系MVNO」を使えば、SIMロック解除なしですぐに使えるようになることはお分かり頂けたと思います。

ただ、実際に使えるようにするためにはたった1つだけ必要な作業があります。

それが「APNの設定」です。

APNとは「Access Point Name」の略ですが、スマホ等の端末をインターネットに接続するために必ず必要な設定です。ここではIIJmio(みおふぉん) を例にとってAPN設定の進め方をご紹介します。

iijmiosim

どのMVNOでも、このようにSIMの取り扱い説明書の中にAPNの設定に必要な情報が掲載されています。

 IIJmioAPN
出典:Internet Initiative Japan Inc.

サイト上にもこのように記載があります。IIJmioの場合はアンドロイドのバージョンや、端末ごとに細かくAPNの設定方法が紹介されています。

apn1

スマホ側の画面の開き方は端末やアンドロイドのバージョンによって異なりますが、アンドロイド4.4.2の場合、まずは設定から「その他ネットワーク」をタップし、

apn2

「モバイルネットワーク」をタップ。

apn3

すると「APN」という項目があります。

apn4

ドコモで使っていた端末の場合「SPモード」という設定があるはずです。ここにIIJmioの設定を付け加える必要があるので、右上のプラスボタンをタップします。

apn5

apn6

ここで取扱説明書やサイトに書かれているAPNに関する情報を設定します。その際1番上の「名前」という欄にMVNO名を入れるようにして下さい。最後に必ず「保存」をタップします。

apn7

するとこのように「SPモード」の下に「IIJmio」という設定が出来るので、右側の丸印をタップし設定を適用します。これで晴れてIIJmioのSIMが使えるようになります。

キャリアのスマホに格安SIMを入れて使う際の注意

キャリアで販売されたスマホにMVNOの格安SIMを入れて使うのは非常に簡単なわけですが、いくつか注意点があります。

SIMのサイズが違うという問題

SIMは「標準」「マイクロ」「ナノ」という3種類のサイズに分かれており、それぞれのスマホで挿すことの出来るSIMのサイズが決まっています。多くのMVNOでは3種類全てのサイズのSIMを用意していますが、一部のMVNOに「マイクロ」と「ナノ」しか扱っていないところがあります。もしも使おうと思っているスマホが標準サイズのSIMに対応したカードスロットの場合、そのMVNOは使えない、ということになります。

どうしても使いたい場合「SIMカードアダプタ」というものを使う方法もありますが、カードスロットを破損したりする恐れがあるためお勧め出来ません。

スマホのスペック不足という問題

最近はMVNOの格安SIMの多くが3GだけでなくLTEにも対応しています。例えば前出のIIJmioであればドコモの3GとLTEの両方に対応していますので、高速データ通信では最大で150Mbpsの速度が出ます(ドコモでいうと3GはFOMA、LTEはXiに相当)。

LTEは3Gよりも高速通信が可能ですが、そのためには使用するスマホ側もLTEに対応している必要があります。

 Xperia SO-01B
出典: Sony Mobile Communications Inc.

例えばこれは2010年4月1日にドコモから発売された初代のXperiaで「SO-01b」というスマホですが、LTEには対応していません。3Gの「FOMAハイスピード」という規格に対応しているだけなので、下り最大で7.2Mbpsがやっとです。

このように古いスマホは最新のスマホに比べるとスペックが劣っているため、MVNO側が用意している環境を生かし切れないことがあります。あまり古過ぎるスマホを使うのも考えもの、ということです。

キャリアのスマホで格安SIMを使う方法まとめ

「MVNO」「格安SIM」と聞くとスマホに詳しい人じゃないと使いこなせないようなイメージがありますが、条件さえ満たせばドコモやauといったキャリアのスマホで格安SIMをそのまま入れて使うことが可能です。もしも難しいことがあるとしたら、特にドコモのスマホを使っている人は、「どのMVNOの格安SIMを選べば良いのかわからない」という点ではないでしょうか。当サイトでは「SIMチェンジプラン診断」を行っており、必要項目を入力して頂くだけで簡単にお勧めの格安SIMを知ることが出来ます。よろしければぜひお試し下さいね。