1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. BIGLOBE SIMの格安SIMサイズ変更方法は?
 

BIGLOBE SIMの格安SIMサイズ変更方法は?

biglobe sim change card size
SIMカード

BIGLOBE SIMでは契約後のSIMカードサイズ変更OK!nano/micro/標準サイズとの交換が可能となっていますが、手数料も発生。詳しい内容を記事からチェックしておきましょう。

BIGLOBE SIMでは契約後のSIMカードサイズ変更が可能!nano/micro/標準サイズとの交換が可能となっていますが、手数料も発生します。記事から詳しい内容をチェックしておきましょう!

BIGLOBE SIMのサイズ変更

BIGLOBE SIMではSIMカードサイズ変更が可能です。手続きは簡単で、マイページからログインして変更ができます。

出典:ビッグローブ マイページ

ログインIDやパスワードを忘れた場合にも再発行や初期化をすることが可能です。

手数料

SIMカードのサイズ変更を行う場合、手続きの手数料は3,240円かかります。これは1枚(1回)につき発生する金額なので、変更する際にはしっかりとそのサイズが合っているかどうかの確認が必要です。

Nano/Micro/標準SIM

ビッグローブで用意しているのはNano(ナノ)、Micro(マイクロ)、そして標準SIMカードの3種類です。

現在国内で発売されているスマートフォンはこれら3つで99%はカバーできるので問題ないでしょう。

どんな場合に変更が必要か

利用したい格安スマホを変更する場合には、SIMサイズも変更が必要な場合があります。

例えば現在iPhone 6sを利用していたとして、もっと本体代金の安いHUAWEI P9 liteに乗り換えたいとしましょう。iPhone 6sがnano SIMに対して、HUAWEI P9 liteも実はNano SIMを利用しています。この場合は、SIMカードを挿し変えて設定をするだけなので、サイズの変更は必要ありません。

ではさらに価格の安いZenFone 2 Laser(ZE500KL)へ利用端末を変更したい場合はどうでしょうか。このケースでは、ZenFone 2 Laserがmicro SIMカードスロットを採用しているので、ナノ→マイクロのサイズ変更が必要になるというわけです。

プラン種別変更する場合は注意

データSIM→音声プランなどSIMカードのプラン種別自体を変更する際には少し注意が必要です。この場合はSIMサイズが変更にならないケースでも新しいSIMカードを発行する必要があるので、手数料が3,240円発生します。

さらに上記のように音声SIM→データSIMへの変更はできないので新規申込する必要があります。こういった部分も気を付けておくと、より格安SIMをお得に運用することができます。

他社MVNOの手数料はどうなってる?

  • IIJmio:2,160円(BIC SIMカウンターの場合3,240円)
  • DMM mobile:3,240円
  • OCN モバイル ONE:1,944円(データSIM)、3,240円(音声SIM)
  • mineo:2,160円
  • U-mobile:3,240円…など

上記の手数料一覧を見ていくと、ビッグローブSIMの3,240円は業界標準であると言えます。またOCN モバイル ONEはSIMカードの追加をしてから手元のSIMを解約する手続きが必要など、申込手順が面倒なMVNOも。

…そういった部分も考慮すると、サイズ変更に関しては簡単にできるのがBIGLOBEの格安SIMと言えます。

公式サイト:BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMでセット購入ができる格安スマホ

これから格安SIMを購入する方、もしくはすでにBIGLOBE SIMを利用している方も、SIMカードと格安スマホのセット購入が可能です。

セット購入端末であればすでに動作確認が完了しておりSIMサイズの把握も容易なので、おすすめのSIMフリースマホをチェックしておきましょう。

ZenFone Max

大容量5000mAhのバッテリーを搭載した電池持ち特化モデル「ZenFone Max」。5.5インチの大画面ディスプレイにクアッドコアCPUを搭載しており、普段の利用に十分な性能を備えた実用性重視の機種。SIMサイズはmicro。

ビッグローブ購入限定カラーのアクアブルーも提供中なので、デザインで差をつけたい方にもおすすめ。

機種名
ZenFone Max(ZC550KL)
メーカーASUS
OSAndroid 5.0
ディスプレイ5.5インチ HD
ゴリラガラス4
プロセッサーQualcomm Snapdragon 410(クアッドコア1.2GHz)
RAM/ROM2GB/16GB
microSDスロット搭載(SD/SDHC/SDXC対応)
カメラ背面1300万画素(レーザーAF・デュアルLEDフラッシュ)
フロント500万画素
バッテリー5000mAh
対応バンドGSM(2G) : 850/900/1800/1900
W-CDMA(3G): 800(6)/800(19)/850(5)/900(8)/1900(2) /2100(1)
4G (FDD-LTE): 2100(1)/1800(3)/850(5)/800(6)/900(8)/1700(9)/800(18)/800(19)/700(28)
SIMスロットmicro SIM×2(デュアル仕様)
Wi-Fi802.11b/g/n
Bluetoothv4.1
本体サイズ高さ約156mm×幅約77.5.mm×奥行き約5.2mm~10.55mm
重量約202g
付属品USB ACアダプターセット、イヤホンマイク、OTGケーブル、ユーザーマニュアル、製品保証書

Moto X Play

MotorolaブランドのSIMフリースマホ「Moto X Play」。Android 6.0 Marshmallowへの対応が早かった機種としても知られており、5.5インチのフルHDディスプレイ、Snapdragon 615のオクタコアCPUなど高性能となっているのも特徴です。SIMサイズはNano SIM。

急速充電に対応しており、15分で8時間利用分の充電が可能。カメラも2100万画素と、まだまだ現役のおすすめスマホです。

機種名

Moto X Play
OSAndroid™ 6.0
デイスプレイ5.5インチ FHD
CPUクアルコムSnapdragon™ 615 1.7GHz(オクタコア)
RAM2GB
ROM16GB
背面カメラ1300万画素 BSI AF
前面カメラ800万画素
microSDカードスロット
電池3,000mAh
Wi-FiIEEE 802.11a/b/g/n (2.4GHz / 5GHz)
対応バンド
周波数
3G:2.1GHz / 1.9GHz / 1.8GHz / 1.7GHz / 900MHz / 850MHz / 800MHz
LTE:2.1GHz / 1.8GHz / 900MHz / 850MHz / 800MHz / 700MHz / 2.3GHz / 2.5GHz/ 2.6GHz
GSM:1.9GHz / 1.8GHz / 900MHz / 850MHz
SIMカードデュアルSIM (nanoSIM x 2)
※SIMスロットの同時利用は不可
本体サイズ高さ約148mm ×幅約75mm ×厚さ約8.9~10.9mm
重量169g
本体カラーブラック/ホワイト

HUAWEI P9 lite

ファーウェイから発表された新モデル「HUAWEI P9 lite」。5.2インチのフルHDディスプレイに最大クロック数が2.0GHzのKirin 850オクタコアCPUを採用しており動作もサクサク動きます。価格も3万円弱と購入しやすい設定となっているのでおすすめ!

機種名

HUAWEI P9 lite
メーカーHUAWEI
OSAndroid™ 6.0 (With EMUI 4.1)
画面サイズ5.2インチ FHD
CPUHUAWEI Kirin 650 オクタコア (4 × 2.0 GHz Cortex-A53 + 4 × 1.7 GHz Cortex-A53)
RAM2GB
ROM16GB
背面カメラ1300万画素 BSI AF
前面カメラ800万画素
microSDカードスロット
電池3,000mAh
Wi-Fi802.11b/g/n, Wi-Fi direct
対応バンド
周波数
LTE:1/3/5/7/8/19/28/40
W-CDMA:1/5/6/8/19
4バンドGSM
キャリアアグリケーション-
SIMカードデュアルSIM (nanoSIM x 2)
本体サイズ146.8mm * 72 .6mm * 7.5 mm (H x W x D)
重量147g
本体カラーブラック/ホワイト/ゴールド

公式サイト:BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMのサイズ変更方法・まとめ

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)のSIMカードのサイズ変更は可能なので、もしスマートフォンの機種を変更する予定があっても安心です。気になる方はBLGOBEの公式サイトを確認しておきましょう。

公式サイト:BIGLOBE SIM

他のSIMカードも比較するなら「SIMチェンジプラン診断」を利用してみましょう。