1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. BIGLOBE【Moto G4 Plus】SIMフリースマホをセット販売
 

BIGLOBE【Moto G4 Plus】SIMフリースマホをセット販売

moto g4 plus biglobe sim 2
SIMフリースマホ

格安SIMを提供するMVNO「BIGLOBE SIM」が、LTE/3Gの同時待受けに対応した高性能スマホ「Moto G4 Plus」の取り扱いを発表!発売日は7月下旬を予定しており、法人向けにも8月1日より提供予定です。本体価格はアシストパック利用時で1,609円(税込)×24か月。

格安SIMを提供するMVNO「BIGLOBE SIM」が、LTE/3Gの同時待受けに対応した高性能スマホ「Moto G4 Plus」の取り扱いを発表しました。発売日は7月下旬を予定しており、法人向けにも8月1日より提供予定です。本体価格はアシストパック利用時で1,609円(税込)×24か月。

発売前には3,000円分のクーポンをプレゼントするキャンペーンも開催されているので、詳細を記事から確認しておきましょう。

BIGLOBE SIM、Moto G4 Plusを取扱へ

格安SIMを提供するビッグローブは、SIMフリースマホとSIMカードのセット購入ができる「BIGLOBEスマホ」において、Motorolaブランドの新モデル「Moto G4 Plus」の取り扱いを発表しました。発売は2016年7月下旬を予定しており、発売前にはキャンペーンも用意しています。

「Moto G4 Plus」は、MotorolaのMoto Gシリーズ第4世代(4th Gen)となる新機種。SIMフリー仕様となっており、2枚のSIMカードを同時に使える「デュアル待受」や、基本性能の高さが魅力の機種となっています。

Moto G4 Plusの性能

Android 6.0 Marshmallowの最新OSを搭載しており、UIは純正Androidに限りなく近く独自カスタマイズが少ないので、Googleの提唱するAndroid体験を実感できます。ディスプレイは5.5インチと大画面で、高解像度のフルHD(1920×1080)。

CPUもQualcommのSnapdragon 617(8コア)と格安スマホにしては高性能なチップを積んでおり、ゲームプレイやSNSの利用も快適に行える仕様であることがポイントです。

機種名
Moto G4 Plus
メーカーモトローラ(レノボ)
OSAndroid 6.0 Marshmallow
ディスプレイ5.5インチ フルHD (1920×1080)
CPUQualcomm Snapdragon 617 オクタコア 1.5GHz
RAM2GB or 3GB
ROM16GB or 32GB
外部ストレージmicroSDカードスロット(最大128GB)
カメラ機能背面カメラ1600万画素
(F値2.0,デュアルLEDフラッシュ,レーザーAF,位相差AF)
インカメラ500万画素
(F値2.2,広角レンズ,ディスプレイフラッシュ)
バッテリー3000mAh(TurboPower利用時、15分で最大6時間分の充電)
カラーホワイト、ブラック
対応バンド・周波数帯LTE:band 1/3/5/7/8/19/20/28/40
3G:band 1/2/5/8/19
2G:850/900/1800/1900MHz
SIMサイズMicro SIM×2 (Nano SIM用アダプタ付属)
LTE/3Gのデュアル待受対応
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n(2.4GHz+5GHz)
Bluetoothv4.1
防水撥水ナノコーティング
その他指紋認証センサー/加速度計/ジャイロスコープ/環境光センサー/近接センサー/センサーHub
本体サイズ76.5×152×7.87~9.78mm
重量157g

日本国内では容量の異なる2機種が発表されていますが、BIGLOBEがセット販売するのはメモリが3GB・ストレージが32GBの上位モデルとなっています。

背面カメラは1600万画素で、デュアルフラッシュを搭載するほか、レーザーオートフォーカスや位相差オートフォーカスに対応。F値も2.0と綺麗に撮影できる環境がそろっています。フロントカメラも500万画素の広角レンズを採用しているので、セルフィ―にも十分使えるでしょう。

バッテリーは3000mAhの大容量となっているほか、ディスプレイ下には指紋認証センサーも搭載。無線接続もWi-FiがIEEE802.11a/b/g/nとBluetooth 4.1に対応。残念ながらNFCには非対応です。

本体カラーはホワイト・ブラックの2種類を用意。すでに紹介した通り本体価格は実質分割購入ができるアシストパックを利用すると1609円×24か月となりますが、本体価格の総費用は税込で3万8616円となっています。

発売前キャンペーンも

7月13日から7月26日まで、「新スマホ・タブレット リリース記念クーポン進呈キャンペーン」を実施しています。

期間内にキャンペーンにエントリーすると割引クーポンがもらえるようになっており、機種発売後に3000円分の割引クーポンをとして利用できるようになっているのでお得。

Moto G4 Plusだけでなく「arrows M03」「AQUOS mini SH-M03」「HUAWEI MediaPtd T2 7.0 Pro」なども対象になっているので、それぞれの機種を公式サイトから比較しておきましょう。

公式サイト:BIGLOBEスマホ

3G/LTE同時待受・デュアルスタンバイOK

Moto G4 Plusは、国内で発売されるSIMフリースマホとしては初の「LTE/3G」の同時待受(デュアルスタンバイ)に対応します。簡単に言うと、ドコモ系の格安SIMを2枚挿して同時の使えるようになります。

例えばメインの通話SIMカードをBIGLOBEで使い、インターネットプランは使い放題のSIMカードを利用するなどの活用ができます。

いままでのスマートフォンはLTE・3Gでの同時待受けができる機種がなかったので、そういった意味でも革新的な端末と言えるでしょう。(ちなみに今後日本での発売が期待されているASUSのZenFone 3もLTEでのデュアルスタンバイが可能だそうです。)

おすすめはライトSプラン以上

BIGLOBEスマホでセット購入するなら、大容量の「ライトSプラン(6GB)」以上をおすすめします。理由は簡単で、データ容量に対する月額料金がお得ですし、Wi-Fiスポットが無料で使えるからです。

BIGLOBE SIM
月額料金
データSIM
月額料金
データSIM + SMS
月額料金  
音声通話SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
音声通話
スタートプラン
--1,512円  1GB/月
受信時最262.5Mbps
送信時最大50Mbps
1枚
エントリープラン 972円1,101円1,728円  3GB/月受信時最262.5Mbps
送信時最大50Mbps
1枚
ライトSプラン  1,566円1,695円2,322円  6GB/月受信時最262.5Mbps
送信時最大50Mbps
最大3枚
12ギガプラン2,916円3,045円3,672円  12GB/月受信時最262.5Mbps
送信時最大50Mbps
最大5枚

BIGLOBE SIMでの運用がおすすめな人

  • データ容量に余裕をもってインターネットを使いたい人
  • インターネットを外でも良く利用する人(外出先でWi-Fiが使える)
  • Moto G4 Plusを購入したい人(エントリーでクーポン割引もあり)

公式サイト:BIGLOBEスマホ

ビッグローブがSIMフリースマホ新モデルを発表!まとめ

Moto G4 Plusは本体価格、スペックともにバランスの取れた格安スマホなので、大手キャリアの高性能スマホから乗り換えでもそこまで性能の低下を感じることはないでしょうし、格安SIMと同時に運用すればお得に利用できますね。

今回はBIGLOBEでのセット販売ニュースでしたが、他のおすすめSIMカードは「SIMチェンジプラン診断」から確認しておきましょう。