1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 初心者向き 格安スマホを買うときの注意点
 

初心者向き 格安スマホを買うときの注意点

000d4a98740df9a3d10895f73f73a1b7_s
SIMフリースマホ

初心者は格安スマホを購入するとき迷いが生じます。果たして問題なく使えるのか、不便はないのか・・・。不安がいっぱいになりますが最低限の機能だけは確保しましょう。

初心者が格安スマホを手に入れるときに気をつけなければいけないポイントをアドバイスします。格安スマホは誰でも手に入れることができて安く使える最高のアイテムです。でも最低限大事にするポイントがあります。それを紹介しましょう。

格安スマホとは

格安スマホってどんなものか知っていますか?

格安スマホって何?

格安スマホは安いスマホではありません。格安スマホはスマホと格安SIMがセットになった状態を言います。ドコモ、au、ソフトバンクでスマホを使っている場合はただのスマホ、格安SIMとセットで使った場合は格安スマホになるのです。

安いスマホだけでは格安スマホとは呼ばれない

格安スマホの定義はあやふやな面がありますが、高価なスマホを使っていても格安スマホと呼ばれることもあります。10万円近くするiPhoneを利用する場合も格安SIMを使ったら格安スマホになってしまいます。

格安SIMが使えるから格安スマホになるようですね。

初心者が格安スマホを選ぶ条件

初心者の人が格安スマホを使う場合に最低限は備わっておきたい機能があります。

格安SIMが使えること

まずは格安スマホの原点、格安SIMが使えることです。

格安SIMを利用できるスマホはドコモのスマホ、auのスマホ、ソフトバンクのSIMロック解除できるスマホ、SIMフリーと呼ばれるスマホです。格安SIMは国内で購入したスマホなら基本的に使えます

電話ができること

これはほとんどの場合問題ないと思いますが電話ができることが大事です。格安スマホのことをよく分かっている人は電話機能の無いSIMカードを使ったりするのですが、初心者の人は電話が使えるように音声契約をしましょう。

ほとんどのスマホも電話機能が備わっていますから使うことができます。

SMSが使えること

これは電話機能を追加した場合は絶対に使える機能です。SMSとはショートメッセージ機能のことです。

メッセージが使えるアプリもスマホには備わっています。

データ通信ができること

スマホの一番重要な機能でもあるデータ通信機能、インターネットが使えることです。スマホなのでインターネットが使えるのは当たり前なのですが、ここにデータ通信が3GかLTEかという問題があります。

10,000円以下の安いスマホを購入した場合LTE通信ができず、遅い通信の3G通信はか使えないことがあります。格安SIMはLTE通信に対応していて速い通信ができるのですが、スマホ側が3Gしか使えないとなると制限になってしまい格安SIMの機能が発揮されません。LTE通信が使えるスマホを選びましょう。

テザリングができること

スマホの機能にテザリングがあります。

テザリングは特に使わないという人もテザリング機能はできるだけつかえるようにしておく方がいいでしょう。格安SIMはテザリングに対応していますからスマホも格安SIMの能力が使えるようにテザリングが使えるものを選ぶべきです。

テザリングが使えないスマホはドコモのandroidスマホの一部やauのiPhoneです。格安SIM公式で使えないとしていることが多くあります。テザリングが使えない場合はSIMフリースマホを購入しましょう。

バッテリーが持つこと

バッテリーはとても大事な点です。最低限でも1日は使えるスマホを選ばないといけません。安いスマホを使うとバッテリーが半日で無くなったりします。

スマホのバッテリーはできれば2,000mAh以上のものがいいと思われます。

格安スマホ 初心者向けのスマホ

格安スマホ初心者の場合に選んでおけば間違いないスマホを紹介します。

arrows RM02

こちらは楽天モバイルで購入できる防水機能のついた国産スマホarrows RM02です。

おサイフケータイ機能、デサリング、電池長持ちの5インチスマホです。AndroidOSは5.1。処理能力、デザイン、機能性に全く文句のつけようがないスマホです。しかも値段は29,800円。どんな方でも使えるスマホです。

出典:arrows RM02
機種名
arrows M02
メーカー富士通
OSAndroid 5.1 Lollipop
CPUQualcomm Snapdragon410
(1.2GHzクアッドコア)
RAM2GB
ROM16GB
SDカードスロットmicroSDHC
最大32GBまで
ディスプレイ約5インチ
有機ELディスプレイ
ゴリラガラス3
(1280×720)HD
カメラ機能背面カメラ810万画素
インカメラ240万画素
バッテリー2,330mAh
連続通話時間約780分(VoLTE)
連続待受時間約580時間(4G LTE)
SIMサイズnano SIM
対応周波数(LTE)[docomo]
2GHz,1.8GHz,800MHz
[au]
2GHz,800MHz
防水・防塵防水 IP5/8
防塵 IP6X
おサイフケータイ
WiFiIEEE802.11 b/g/n
Bluetooth4.1

公式サイト:楽天モバイル arrows RM02

AQUOS SH-RM02

次にオススメなのが楽天モバイル で購入できる国産スマホAQUOS SH-RM02です。こちらも国産であるためおサイフケータイや防水機能も対応していてテザリングも対応し、処理能力や機能性、デザインもGood!特にカメラの性能にこだわりたいならAQUOS SH-RM02がオススメです。

出典:AQUOS SH-RM02
端末名
AQUOS SH-RM02
メーカーSHARP
プラットフォームAndroid™ 5.0
プロセッサー / 動作周波数MSM8926 1.2GHz(クアッドコア)
液晶ディスプレイ / 解像度約5.0インチ TFT(720×1,280ドット HD)
メインメモリ / 記録装置2GB/32GB
Webカメラアウトカメラ:有効画素数 約1,310万画素 CMOS 裏面照射型
インカメラ:有効画素数 約210万画素 CMOS 裏面照射型
バッテリー容量2,450mAh
サイズ幅134mm×奥行き71mm×厚み9.9mm
質量約145g
SIMサイズnano SIM
端末費用(一括払いの場合)39,800円

公式サイト:楽天モバイル AQUOS SH-RM02

初心者向き 格安スマホを買うときの注意点まとめ

初心者向き 格安スマホを買うときの注意点をまとめました。

初心者向き 格安スマホを買うときの注意点まとめ

初心者は初めてのスマホも一人で選ぶことに抵抗が多く、なかなか格安スマホに手がつけられない方が見受けられますが、思い切って格安スマホに乗り換えることで改めてスマホに対して大きな関心と大きな節約をもたらすことができます。今から大きな一歩を始めましょう。

公式サイト:楽天モバイル