1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. b-mobileのプリペイドSIMについて徹底解説!
 

b-mobileのプリペイドSIMについて徹底解説!

SIM

面倒な手続きが入らず、購入してSIMフリースマホに挿すだけで使えるのが、便利なプリペイドSIM。この記事では、b-mobileのプリペイドSIMについて紹介します。

面倒な手続きが入らず、購入してSIMフリースマホに挿すだけで使えるのが、便利なプリペイドSIM。この記事では、b-mobileプリペイドSIMについて紹介します。


そもそもb-mobileってどんな会社?


出典:b-mobile

b-mobileのプリペイドSIMについて紹介する前に、b-mobileとはどのような会社なのかを特徴を交えて紹介します。

b-mobileは日本通信が手がけるMVNO

b-mobileは日本通信株式会社という会社がサービスを提供しているMVNOです。

2010年から、b-mobile SIMと呼ばれる製品を販売している、MVNOの中では老舗といえる会社です。

b-mobileはどこの回線を利用している?

b-mobileをはじめとしたMVNOは、大手キャリアの回線を利用してサービスを提供しています。

b-mobileは、他の多くのMVNOと同じく、ドコモの回線を利用してMVNO事業をスタートさせ、今でもドコモ回線を使ったサービスを提供しています。

また、特筆すべきは、2017年の3月22日に、ソフトバンクの回線を使った格安SIMの提供をスタートさせたことです。ソフトバンクの回線を利用したMVNOは、他にはHITスマホやU-mobileなどがありますが、かなり少数派となっています。

公式サイト: U-mobile

b-mobileのプリペイドSIMとは?


出典:b-mobile

続いて、b-mobileのプリペイドSIMについて詳しく見て行きましょう。

データ容量は5GBのみ

b-mobileのプリペイドSIMは、正式名称を「b-mobile 5GB プリペイドSIM」といい、名前の通り、毎月5GBのデータ容量を利用することができるSIMカードになっています。

MVNOの通常の契約では、使い方に合わせてデータ容量を選べることが魅力となっていますが、b-mobileのプリペイドSIMでは、容量が限定されてしまいます。

有効期限の異なる3つのラインナップ

使えるデータ容量は5GBのみですが、有効期限が異なる3つのラインナップが揃っています。

選べる有効期限は1ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の3種類で、それぞれ利用月ごとに5GBのデータ容量が使えるSIMとなっています。

チャージを行い継続利用可能

通常、プリペイドSIMとなると、使い切ってしまった後は、そのSIMを継続して利用することはできませんが、b-mobileの場合は、データ量をチャージして継続利用することができます。

チャージは、利用期間中、もしくは利用終了後10日の間に、パソコンもしくはスマホから行うことができます。

なお、チャージできるデータ容量は、1ヶ月分、6ヶ月分、12ヶ月分の3種類から選べます。

プリペイドSIMの価格は?


出典:b-mobile

b-mobileのプリペイドSIMの価格は、上の画像のようになっています。1ヶ月あたりの値段は、使える期間が長いプリペイドSIMがよりお得になります。


出典:b-mobile

また、チャージ分の価格は、上の画像のようになっています。全てにおいて、通常購入時よりも値段が安く設定されています。

b-mobileのプリペイドSIMのメリットは?


出典:b-mobile

b-mobileのプリペイドSIMのメリットを紹介します。

契約手続きやクレジットカードの登録が不要

b-mobileのプリペイドSIMを利用するために、契約手続きは必要ありません。販売されているプリペイドSIMを購入し、SIMフリースマホに挿入するだけで利用開始できます。

また、多くのMVNOの契約で必要となるクレジットカードも不要なので、クレジットカードを持っていない人や、年齢的にクレジットカードを持てない人でも、気軽に利用できるのです。

ビジネス利用にもぴったり

ビジネスシーンでスマホを利用する人も多いと思いますが、プリペイドで購入できることから、会社の経費で精算することが可能です。

したがって、会社からスマホを支給されなくても、自分の持っているSIMフリースマホにプリペイドSIMを挿入して使うことができます。

b-mobileのプリペイドSIMの注意点は?

最後に、b-mobileのプリペイドSIMを使う上で注意すべき点を紹介します。

速度制限がある

b-mobileのプリペイドSIMには、他の多くの格安SIM同様、速度制限が存在します。

利用月中に5GBの高速通信を使い切ってしまった場合は、その月が終わるまでベストエフォート方式の20kbpsの低速通信になってしまいます。

データ量の繰越しができない

通常の契約では、使い切らなかった高速データ通信容量を翌月に引き継ぐことができるMVNOが多いですが、b-mobileのプリペイドSIMでは、その繰越しができません。

したがって、仮に使う高速データ通信容量が少なかった月があったとしても、その翌月に使える高速データ通信容量は、5GBのままということになります。

利用する回線はドコモ

ソフトバンク回線を利用した格安SIMの提供も始めたb-mobileですが、プリペイドSIMに関しては、今のところドコモの回線を利用しているようです。

したがって、ソフトバンクで契約した端末をSIMロック解除せずに使うことはできません。コチラに対応機種が載っているので、利用する際はあらかじめ調べておくのがいいでしょう。

b-mobileのプリペイドSIMまとめ

以上、b-mobileプリペイドSIMについて紹介しました。

面倒な手続きなく利用を開始できるだけでなく、チャージすることで継続利用できるのはとても便利だと思います。

格安SIMを利用してみたいけど、手続きが大変そうと思っている人は、ぜひb-mobileのプリペイドSIMの利用を検討してみてください。

公式サイト: b-mobile