1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Apple Music と 格安SIMで、超激安、聞き放題の音楽プレイヤーを実現
 

Apple Music と 格安SIMで、超激安、聞き放題の音楽プレイヤーを実現

Appleミュージック
SIM

新たに発表されるApple Musicを心待ちにしている方も多い。どうせなら満足す るまでとことん聞きたい!でも、通信料金が心配。Apple Musicをそのままキャ リアの契約で使ってはいけません。後で後悔しないように、格安SIMでApple Musicを激安にとことん使う方法をお伝えします。

新たに発表されるApple Musicを心待ちにしている方も多いと思います。どうせなら満足するまでとことん聞きたい!でも、通信料金が心配。Apple Musicをそのままキャリアの契約で使ってはいけません。とても後悔してしまいます。

name

後悔しないように、格安SIMでApple Musicを激安にとことん使う方法をお伝えします。

Apple Music

まもなくサービス開始するであろう話題のApple Musicは一体どんなサービなのでしょうか?

Apple Musicとは

Apple MusicはiPhoneやiPadを手がけるApple社が始める7/1から開始する音楽配信サービスです。

約1000円程の定額制で音楽が聞き放題になるサービスです。サービス開始から3ヶ月程は無料期間があり手軽に誰でも音楽を楽しめるサービスとなっています。取り扱う音楽は3000万曲ですが、日本では数百万曲であり、今後その楽曲数はどんどんと増えて行くと思われます。

Apple Musicの利用方法

Apple Musicを利用するにはAppStoreからアプリをダウンロードするだけで簡単に使えるようになっています。6/22現在はまだAppStoreにアプリは出ていませんが7/1にはアプリをダウンロードできるようになっていると思います。

新しいミュージックとの出会い

常に新しい音楽を手に入れることのできるApple Musicにはどんな機能があるの でしょうか?

あなた専用のミュージックアドバイザー「For You機能」

音楽は世界中にあふれその曲も様々なもので溢れています。明るい曲やバラード、ダンスミュージックやジャズなどたくさんあります。

Apple Musicはその中から好みのジャンルを好みのプレイリストを作成できるFor You機能があります。For You機能は学習機能がついているようで機能を使えば使う程ユーザーの好みを分析し、オススメされる曲がどんどん好みに近くなってくるようになっています。

ストリーミング再生に必要な通信量は?

音楽聞き放題サービスを使うにあたって気になるのが通信量も問題です。たくさん聞けば聞く程通信量が必要になってきます。

1曲に必要な通信量

今はまだApple Musicが正式リリースされていませんので1曲のデータ量を測定することができません。

ですが、海外メディアの情報によると曲のビットレートは256Kbpsのようです。256Kbpsですので計算すると1曲の再生には10MBほど通信量が必要になってきます。

計算式

256Kbps÷8=32KB 1秒=32KB(Kbps単位を8で割るとKB単位に変換できる)
60秒=1920KB 約2MB
1曲5分とすると 約2MB×5分=約10MB

毎日通勤1時間音楽を聴くと通信量はいくら必要?

定額制聞き放題のApple Musicでたった1曲しか聞かないなんてことはありません。どんどんと音楽を聞くはずです。通勤通学に旅行、もう毎日が音楽に溢れるような生活をするはずです。もしも、毎日1時間Apple Musicを聞き続けたら通信量はどのくらい必要になるのでしょうか?

上記の計算では1曲約10MBでした。しかし、実はLINEミュージックやAWA等の音楽 サービスでは計算した通信量よりも多くの通信量を消費していることがわかりました。ですので約10MBのデータ量+αの通信量が必要になります。LINEミュージックでは320Kbps4:17の曲が計算上では約10MB程度のはずですが計測すると25〜26MBほど消費しているのです。

つまり計算よりも倍以上のデータ量を消費する可能性があるということです。そのためここでは1曲5分を20MBとして計算することにします。

5分=20MBですので60分では20MB×12=240MBです。
30日毎日使うと240MB×30日=7200MB必要になります。つまり7.2GBですね。

キャリアを使うか?格安SIMを使うか?

上記の計算で一ヶ月におよそ7.2GB程度のデータ量が必要ということが判明しました。これを携帯キャリアで使用した場合と格安SIMで使った場合を比較してみましょう。

キャリアを利用した場合の料金

例としてドコモで契約している場合を計算しましょう。(割引やキャンペーンの料金は除外して計算しています。)

ドコモの料金はカケホーダイプラン2700円+SPモード300円+パケットパック2GB3500円〜になっています。もしも7.2GBが使えるパケットパックを契約するとすればデータLパック8GBということになります。

その料金は6700円。つまり、2700+300+6700円=9700円が必要になります。

これにApple Music代金や消費税が加算されますので毎月1万円以上が必要となります。毎月1万ですのでスマホ代金に年間12万円必要になります。通信費に1万円は高額な出費です。

容量無制限格安SIMを利用した場合の料金

格安SIMを利用した場合の料金はいくらになるのでしょうか?

格安SIMには通信量に制限を課さない「容量無制限プラン」が存在します。容量無制限プランの多くは2980円前後の料金になります。音声通話料金700円も考えると3700円前後になります。

格安SIMを使うと4000円未満で同じだけApple Musicが使えるということになります。

上記のドコモの料金と比較するとドコモ9700円-格安SIM3700円=6000円です。6000円の差額が発生します。非常に大きい差額となります。

容量無制限タイプでなく格安SIM通常プランの場合はどうでしょう。IIJmio(みおふぉん) では3GB、5GB、10GBの3プランですので10GBプランで計算してみましょう。

音声通話+10GBプランの場合の料金は3260円です。容量無制限のタイプより安くなります。携帯キャリアと比べると約1/3の料金になります。

つまりApple Musicをどんどん使う場合は格安SIMを利用するのが一番合理的で経済的であると言えます。

Apple Musicでデータ料金を安く使うには?

Apple Musicで一番安く使う場合はどうすれば良いでしょうか?

安く使うには制限の少ないぷららを使おう

IIJmioのような通常プランを使う場合は10GBの制限があります。

スマホを使う上で通信するのはApple Musicだけというはずがありません。LINE、インターネット、アプリやゲーム、たくさんの通信量を使うことになるでしょう。10GBでも足らなくなると言っても過言ではありません。

そうなると10GB以上使えてもっと安くなるものが必要です。そこでオススメの格安SIMがぷららモバイルです。ぷららモバイルは通信速度3Mbpsですが、通信規制は全くない通信容量無制限の格安SIMになります。

Apple Musicに必要な通信速度は充分に備えており、料金も2980円〜使えます。 非常にオススメです。

Apple Musicと格安SIMで、超激安、聞き放題の音楽プレイヤーを実現する方法

以上、Apple Musicとオススメの格安SIMを紹介しました。

Apple Musicを超激安、聞き放題の音楽プレイヤーへ まとめ

定額制のApple Musicをどんどん使う場合は格安SIMを必ず必要とします。それは 格安SIMで使わないとどんどんと通信量が高額になってしまうからです。 定額制音楽サービスはたくさん聞いても聞かなくても料金は一定です。それならばどんどん利用しないと損ですね。無制限通信の格安SIM「ぷらら」ならどんな音楽好きの環境にも耐えられそうです。3日1G制限や契約プランの容量が無くなってしまい急に音楽が止まってしまったりすることなく通信量のことは考えずにガンガン使えます。CDを買う料金で何倍もの曲を聞きたい時にすぐ聴ける「Appleミュージック+ぷららモバイル」最強の組み合わせではないでしょうか?ぷららモバイルを使って経済的にApple Musicを楽しみましょう。

【6/30日まで】ぷららモバイル の定額無制限プラン キャンペーンを確認する

プランについての詳しい情報やキャンペーンに関する情報も掲載中。キャンペーン中に契約してさらにお得にAppleミュージックを楽しもう。

ぷらら 格安SIMの無制限通信 ぷららモバイル 定額無制限プラン キャンペーンを確認する