Android OSとは?

ドロイド君
スマホ

スマホの代名詞Androidスマホは、基本ソフト(OS)の名前Androidからとられ、そう呼ばれています。このAndroid OSとは一体どういったプログラムなのか、ご紹介します。

スマホの代名詞Androidスマホは、基本ソフト(OS)の名前Androidからとられ、そう呼ばれています。このAndroid OSとは一体どういったプログラムなのか、ご紹介します。

name

Android OSとは

AndroidOSはまずどういったものなのでしょうか?

米Google社が作ったスマートフォン用の基本プログラム

アメリカのIT企業Google社が作ったスマートフォン用のプラグラムです。このプログラムは改変可能で無償で誰でも使っていいプログラムです。高機能型携帯電話であるスマートフォンに搭載されることを目的としてGoogle社は今も改良を続けています。

もとはスマートフォン専用でしたが、タブレットやパソコン、テレビいろいろな物でも使えるようになり、あらゆる家電に搭載されようとしています。このAndroidOSが搭載されれば直感的にタッチで操作が可能となり簡単に使えるようになります。

無料で世界中の人が使えるオープンソースOS

Androidは無料のオープソースと呼ばれる形式で配布されており、インターネットから入手することが可能です。また、改変も可能になっているので各企業も使う事ができます。

このAndroidを使ったスマートフォンは各メーカーが試行錯誤を繰り返して改変し機能を足したり、引いたりして独自のスマートフォンを作ることができるので商品の差別化を図った自由なスマートフォンを開発することができます。さらに個人でAndroidに対応したアプリケーションを作る事ができ自由に機能を拡張することができるのも特徴です。現在個人や企業が独自に作ったアプリケーションの数は100万以上と言われており、拡張性の高いさが人気で世界中で使われています。

Android OSで出来ること

実際にAndroidOSを搭載したらどんなことが可能になるのでしょうか?

電話

まずスマートフォンに搭載すれば電話ができます。

携帯電話番号を使った音声通話です。画面の電話アプリをタッチすることで電話番号の入力が可能になり電話をかける事ができます。

Eメール

Eメールの送受信ができます。

Eメールはありとあらゆるメールアドレスが設定可能になっています。複数のメールアドレスも管理可能で仕事プライベート全てを1つのアプリケーションで管理する事ができます。

インターネットブラウジング

インターネットに接続することが可能になっており、パソコンと同じように検索、閲覧が可能です。インターネットショッピングやブログの投稿すべてを小さな一つのスマートフォンで完結することも可能になっています。

各アプリケーションによる拡張性能

個人や企業で自由に作られるアプリケーションによって自由な無限大の拡張性があります。今ではLINE、Facebook、Twitterをはじめ絵を描くアプリケーションや文書作成アプリ、表計算アプリやゲームも可能になります。アプリケーションの作成も比較的簡単に始められるようにアプリケーション作成ソフトも無料で手に入るため子供から大人まで自由に作成が可能です。

Android OSはオープンソースだからメーカーも自由

OSが無料開放されているためメーカーもその中身をしっかり把握しながらスマートフォンの開発をする事ができるようになっています。

いろんな機能を搭載させる事が可能

日本国内メーカーではテレビ機能や高精度なカメラの搭載、おサイフケータイ機能など携帯電話時代から使われてきた機能を搭載させることも簡単にでき求める人に応じた機能を持ったスマートフォン開発に成功しています。

しかし、その一方で、スマートフォンに不具合が発生したり、機能がうまく作動しなくなったりするなどメーカーの技術力が問われる結果となりました。技術力がまだ成熟していない頃には、電源が入らなくなったり各アプリケーションが機能しなくなったり等々、多数の不具合に見舞われることが多くありました。

オープンソースOSであることの欠点も

AndroidOSは誰もがそのプログラムに手を加え新しい機能を持たせる事が容易になっていますが、逆にそこに欠点も発生します。プログラムの中身が分かる事でコンピューターウィルスの作成も簡単でセキュリティの問題があります。

そこでセキュリティソフト会社はAndroidOS用のセキュリティソフトを作成し利用を推奨しています。また、自由に開発したスマホが後にリリースされるAndroidのバージョンに対応しないこともしばしばあり、アップグレードできなかったAndroidスマートフォンはセキュリティ面や機能拡張面で置いていかれるようになります。そのためAndroidスマホは数年毎に買い替える必要も発生します。

格安スマホも作れる

一方でOSが無料ということもあり、製造メーカーはコストを極限まで抑えた低コストスマホの開発ができました。

日本では10000円未満で売られている事もあり、価格競争の担い手となりました。さらに格安SIMメーカーと協力し独自のスマホを開発して携帯キャリアよりも優れたAndroidスマホを販売しています。

人気のAndroidスマホ

現在販売されている人気のAndroidスマホはこちらです。

Asus Zenfoneシリーズ

性能が高くそれに比べ価格が安いと人気のスマートフォンです。携帯キャリアで購入するスマホの価格よりも非常に安く販売されており、格安SIMを利用することでさらなる低コストを実現できます。

Zenfone5

FREETEL MIYABI

20000円程度で購入ができ、格安SIMのFREETEL(フリーテル)が販売する和風をコンセプトにしたAndroidスマホです。シンプルなデザインであり人気のスマホです。

MIYABI1

富士通arrows M02

国内メーカー初の格安SIM対応Androidスマホです。

富士通arrows M02

docomo回線でVoLTE対応、おサイフケータイ、防水と日本人に必要な機能がひと揃いしています。

Android OSとは?まとめ

Android OSの特徴についてまとめました。

Android OSとは?まとめ

Androidスマホは各メーカーにとって最高のOSです。基本的なプログラムを無償で使えるので低コストも実現できあらゆる要望に答える機能を搭載することもできます。 みなさんも格安SIMとAndroidスマホを使ってみましょう。