1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Androidの無料アプリを駆使して、格安SIMを最安運用する方法
 

Androidの無料アプリを駆使して、格安SIMを最安運用する方法

格安SIMを最安で運用する裏技
SIM

Androidスマホの無料アプリを使えば、MVNOを最安運用することができます。通信量節約と無料の電話帳・写真バックアップで、安いSIMプランに乗換えましょう。今回活用するのはgoogleが提供するchrome・gmail・photosなどスマートフォンに元々入っている機能ばかりで、設定も簡単で0円で使えます。

意外と出費のかさむスマートフォン。それは低価格のSIMカードで使っても変わりません。そこで今回は、MVNOを最安で運用するために使える、Androidのおすすめの無料アプリを紹介します。キーワードは「通信量節約」と「無料バックアップ」です。

格安SIMを最安で運用する裏技

Androidの使い方次第で、simは最安で運用可能

スマートフォンには多くの月額費用がかかります。特にアンドロイドのスマホだと、やれ「SDカードで電話帳を保存しておくべき」だの「Youtubeを見るとネット容量が足りない」だの、初心者にはさっぱり分からないことだらけです。

この多くの無駄を上手く削ることで、最も低価格のSIMプランに切り替えることが出来るんです。その方法はいくつかありますが、今回は以下の二つを紹介します。

モバイルデータ通信を節約後、安いSIMプランに乗り換える

毎月の通信容量を減らすことができれば、おのずと低価格のプランに変更することが容易になります。

しかしスマホ初心者にはどうしたらいいのか検討がつくはずもありません。そもそも自分がどのくらいのモバイルデータ通信を利用しているかも把握していないはずです。

そこでSIMプランを切り替える対策を講じる前に、まずは自分の使っているインターネット通信量を知りましょう。「設定」→「データ使用量」で進むと、applicationごとのモバイルデータ通信量も確認できます。 android通信量を節約する手順

 

microSDカード購入費用を0にする

アンドロンドのスマホのほとんどは、microSDカードでメモリ容量を拡張できます。家電量販店やドコモショップなどで、「バックアップ用にどうですか?」などと勧められた経験のある方も居るのではないでしょうか?

そもそもSD cardというものは非常に利益率の高い商品で有名なので、携帯ショップはなんとか売ろうとします。キャリアショップだと128GB・サンディスクの価格が3万円以上するので、本体代金と一緒に分割に組み込むのが当たり前の世界です。 ドコモのバックアップ用microSDカードは高すぎる 出典:docomo select

3万円を24ヶ月で分割すると1,250円/月の月額料金が発生するので、正直もったいないです。実際にはあまり使わないこのような付属品を買わないことで、出費を抑えることが出来ますね。

最安でシムカードを運用するポイント

  • 1・無料アプリで通信量を減らす → もっと容量の少ないプランに変更OK。
  • 2・無料アプリでバックアップ → 周辺機器費用を0にする。

通信量を減らす無料アプリ

ではモバイルデータ通信量を減らすことの出来る、Androidのおすすめアプリケーションを紹介していきましょう。ここで紹介するのは以下の二つです。

  • Opera max
  • Google chrome

Opera Max

通信量全体を最大50%近くカット出来るこちらは、簡単な設定のみで使えます。

ブラウザだけでなく、ネット通信を行う全体をサーバー経由で圧縮してくれるので、非常に便利かつ効率的です。

ブラウザ以外の通信もサーバー経由で圧縮するので、アプリごとに余計な設定が必要ないことが最大の魅力です。Opera Maxの設定方法はこちらで紹介しているので確認してみましょう。 Opera Maxで格安SIMのデータ通信量を大幅削減! Opera Maxは通信量全体を節約出来る 出典:Opera Max

 

Google Chrome

グーグル社が提供する人気ブラウザ「Google Chrome(クローム)」はウェブページを閲覧する際に使うと効果的にモバイルデータ通信を節約することが出来るおすすめサービスです。

Androidメインの純正ブラウザということもあって常に新しい規格に対応していますし、プラグインを使えば多くのサービスと連携が可能です。

こちらも当サイトの記事内ですでに紹介しているので、確認してみましょう。スマホを節約するアプリ!IIJmioの格安SIMをChromeで快適に google chromeでブラウザの通信量を抑える 出典:Google Chrome

クラウドを利用して0円バックアップ

次はSDカードの付属品などを一切購入せずにバックアップを無料で取る方法を考えていきます。今回使うのは以下の2種類です。

  • Gmail(電話帳)
  • Google Photos(写真・フォト)

Gmailで連絡先を同期する

本体の電話帳をGmailのクラウド(インターネット上)に保存しておくことで、バックアップが取れます。

例えば、本体が何らかの故障でデータが消えてしまっても、クラウド上にデータが残っているので安心です。

方法についてはGmailのホームページに記載があるので確認しておきましょう。Gmailのインポート、エクスポート、同期 gmailで電話帳を同期する

 

Google Photosで写真を保管

グーグルのサービスは本当に優秀です。アンドロンドのスマホにもともと入っている機能でいくらでも予備のデータを取っておけるからです。

このPhotosは最大1600万画素の写真、1080p HDの動画を無制限で保存可能です。無制限というのがここでのポイントで、iOSのiCloudのように容量が決まっていないので、容量が足りなくなったら課金が必要、ということも必要ありません。

無限に写真を保存はできますが、余裕があればパソコンなどにもデータを保存しておくことをお勧めします。クラウドストレージ大手の「dropbox」でもバグでユーザーのデータが消えてしまったというニュースDropboxのバグでユーザーファイルが完全消去されるという事態が発生などもあるので、いくつかの選択肢でリスクヘッジをしておくべきです。

このオンラインストレージサービスの使い方はこちらにありますので確認しておきましょう。Android 向け Google+ フォトアプリ google photosで写真を無制限にバックアップ

MVNO最安運用の裏ワザまとめ

では今回の格安シム最安の運用術をまとめていきます。

無料アプリを活用すれば、月額料金は抑えられる

うまくアプリケーションを使いこなすことで、余計な出費を抑えることができます。

特にグーグルが提供しているサービスは秀逸です。基本0円で使えるということと、ほとんどの機能が本体にプリセットされていることがポイントです。

かといってインターネットを使えばモバイルデータ通信量は消費されるので、個別にMVNOが提供するアプリ(IIJmioクーポンスイッチ)などを使ってLTE高速通信をON/OFFして抑えることも重要です。

バックアップに関しても、オフラインの状況でよく写真をとる場合や明らかに本体内部ストレージが足りない場合はmicroSDカードなどを使い容量を増設するべきです。状況に応じて使い分けましょう。

準備ができたら低価格プランに切り替えよう

余分な金額を周辺機器に支払う必要もなくなりましたし、データ通信を節約できるようになりました。ここまできたらあとはSIMプランを見直すだけです。

下記の「SIMチェンジプラン診断」で簡単な質問に答えると、あなたに適した格安シムプランを導き出してくれます。今回の記事の方法を試したあとは、是非こちらにもトライしてみて下さい。↓